大野圭一のブログ

建築のことと日々のことと、

蝉の話

昨年の夏、「来年はクマゼミを捕まえたい」と願って迎えた今年の夏。

今のところ、近くの公園で鳴き声を一度聞いただけでいまだ姿は拝めぬまま。

 

息子も鳴き声を聞いて蝉の種類を聞き分けたり、その姿を探すのは好きなようですが、捕まえることにはあまり興味がない、というより捕まえるのがまだ怖いようで、虫取り網を持って公園に行ったのは今年はまだ一度だけ。

以前僕が、蝉は逃げる時におしっこをかけて逃げるという話をしたことが、どうやら息子にとってはショッキングだったようで、それも怖さの要因となっているようです。どんだけデリケートなんでしょうか(笑)。

でも今年は僕の手を借りず一人で蝉を捕まえることができたので、去年より少し成長したかな。

 

僕が小学3年生の時の夏休み、一人で毎日のように蝉を捕まえに行った記憶がよみがえります。蝉がよくいる近所の松の木に、一日に何度も虫取り網を持って様子を見に行ったものです。今思えば、蝉を求めて家と近所の松の木を往復するというルーティンをこなす変な小学生だったなと。でもあの時はただただ楽しかったことを思い出します。

 

そういえば今年、広島県の高校生が蝉の寿命を調べるために、一度捕まえた蝉の羽にマーキングをして、放した後に再捕獲をし、その生存日数を記録していたという話がニュースで紹介されていました。

一度捕獲した蝉を再捕獲しようという発想もさることながら、そのためにひと夏で捕獲した蝉は860匹という数には驚きというより脱帽です。結果、そのうち再捕獲できたのは15匹(再々捕獲は4匹)と、非効率極まりない方法ながら、それにより、俗説とされていた寿命1週間という日数を大きく上回る、最高32日(アブラゼミ)という結果が得られたそうです。

このニュースを知り、彼の将来が楽しみになったのと同時に、純粋な探求心はいつまでも忘れてはいけないなと、改めて学ばせてもらった次第です。

 

写真は、今日、庭のシマトネリコにとまっていたアブラゼミを、息子が恐る恐る手を伸ばして撮影したもの。「もっと近寄って、もっともっと」と僕に促されながら頑張って撮りました。ちなみにこの時もおしっこかけられそうで怖いと言っていました。

f:id:Keiichiohno:20190821014142j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天窓の訪問者

ある日の早朝、妻が、「天窓の上にカラスがいて気持ち悪い」と言うので、天窓を見上げてみると、カラスが2羽、ガラスの上で取ってきた木の実を食べていました。なぜあえて天窓のガラス面の上に立つのかは分かりませんが、下から見上げると、こちらを見下ろすカラスと時々目が合うように思えて、ちょっとした親近感が湧いてしまいます。

元々カラスに対しては、鳥類の中でも特に頭が良かったり、真っ黒な艶やかな風貌が見方によっては美しく見えるため、僕自身、嫌悪というよりむしろ好意的であったので、その光景を見た時は、密かな喜びを感じていました。

とはいえ、そのままカラスを居座らせるわけにもいかないので(面目上)、子供のバットを借り、屋上に上って一度は追い払ったのですが、大して怖がっていないようで、近くの電線からこちらの様子をうかがっています。しばらくして部屋に戻ると、案の定、再び我が家の屋上に戻ってきました。

おそらく追い払う僕の姿を見て、本気度の低さを察したのでしょうね。むしろ友好的な気持ちを感じ取ったのかもしれません。

その後も何度か我が家の屋上にカラスはやってきましたが、ここ数日は音沙汰がありません。もしかしたら、僕以外の家族がカラスの来訪を嫌がっているということを察して僕に気を使っているのかもしれない、「おお、カラスよ、なんていいやつ奴なんだ。人間でさえそこまでは察してくれないぞ」という、ありもしない勝手な想像をしながら、カラスの再来をこっそりと待つのでした。

f:id:Keiichiohno:20190801183325j:plain

 

 

20年前

今日、運転中にラジオを聴いていたら、m-floの新曲「EKTO」が流れていました。デビュー20周年だそうです。そう、20年前僕は彼らが所属するレコード会社にいて、配属された名古屋でプロモーションの仕事をしていた頃でした。

確か入社して間もない頃、研修か何かで会議室にいた時にパーテーションの向こうでラジカセからflo jack(曲のタイトルは後から知ったのだけど)のデモが流れているのを耳にして、隣にいた同期入社の友達と、「今の曲、やばくない?絶対売れるよね。」なんて話をしていたのを思い出しました。

デビュー前から各地で精力的にプロモーションをしていたm-floでしたが、名古屋はもちろん、担当エリアだった北陸や静岡などへもラジオプロモーションやクラブイベントに足を運んでいたので、行動を共にさせてもらった時間が多く、僕にとっては思い入れのあるアーティストの一組でもありました。

僕が会社を辞めた後もm-floの曲は聴かせてもらっていましたが、改めて20周年と聞くと、20年前、同じ年にm-floはメジャーデビュー、僕は新社会人として、共にスタートした場を共有できた同士として(完全に一方的な思いで恐縮です。。)とても励みになります。

今はオリジナルメンバーに戻って活動するm-flo、やっぱりヴォーカルはLISAですよね。これからの活躍を陰ながら応援させていただきます。

 

ということでリンクはm-floの新曲。ではなくて、

僕が初めてm-floと出会ったこの曲で。懐かしいな~

www.youtube.com

 

 

昨日うれしかった事

昨晩、うれしい出来事がありました。

 

F1オーストリアグランプリにてホンダエンジンを載せたレッドブルが今季初優勝!ホンダとしては13年ぶりの優勝ということで、家族が寝静まった後、一人で静かに喜びをかみしめておりました。

 

2015年からホンダがF1に復帰して以降、しばらくぶりにF1を見るようになりましたが、一昨年までの戦いは惨憺たるもので、遅いし壊れるしでエンジン供給していたチームのマクラーレンからはさんざん非難された挙句、契約解除という憂き目に。

そして、2018年からはトロロッソという小さなチームとなんとか契約を交わして新たなスタートを切りました。ホンダとしては悔しい思いで新たなスタートを切ることになりましたが、そこからのたゆまぬ努力のおかげでエンジンの信頼性は格段にあがり、ようやく戦えるエンジンを作れるように。そして今年、ビッグチームのレッドブルとの契約を勝ち取り、大きなプレッシャーの中、ようやく今年初めて優勝をあげることができました。

 

たぶん、これまでF1をみてきてここまで嬉しい勝利は無かったと思います。

F1に復帰してからの3年間、まったく結果が残せず、屈辱的な時期を過ごしてきたホンダ。大きな企業としては、企業イメージや収益の面などもあったでしょうから、当然プロジェクトの打ち切りということも考えられたと思います。しかし、それでも歯を食いしばって(かどうかはわかりませんが)、努力を続けてきて結果を出したというプロセスから、合理性よりもモノづくりのプライドを優先させた企業の姿を見たように感じ、なんとか勝ってもらいたい、勝たせてあげたいという気持ちが沸々と湧きおこってきたのです。

 

ただ、まだ戦いは終わっていません。ホンダの担当者も、ようやく一歩が踏み出せたと言った通り、これから勝利を重ねていくことが今回の勝利を本物にすることにつながり、新たな歴史の始まりの1ページにすることができるのだと思います。

関係者の皆さん、これからも頑張ってください!僕は応援し続けます。

 

そして、今朝、家族にもその感動を共有してもらいたいと思い、ハイライト動画を見てもらいました。結果、予想を超える無関心レベル。へ~、で終わり。ま、そうなりますよね。

これからも家で一人、僕だけの楽しみにしようと心に決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 Austrian Grand Prix: Race Highlights - YouTube

完成後の家にて

先月、完成した住宅の撮影をしてきました。

昨年末に引き渡しをし、うかがうのも久しぶりだったので、新しい家でどんな生活を

しているのか、快適に過ごせているか、何か不備はなかったか、うかがうのが楽しみでもあり、少々心配でもあり。

でもうかがってみると、すでにこの家を使いこなしてもらっている様子がうかがえてひと安心。小さな住宅なので、設計時から収納スペースの確保に苦心しましたが、なんとか工夫して納めてもらっていました。というより、僕が想定したよりきれいに収納されていたので、とてもありがたかったです。

 

また、設計時からのご要望でもあったハンモックのほうも、天井が最も高く、天窓がついたところの真下に設置されていました。ここは想定通り使ってもらっていて、天窓から見える空が心地よいと好評でした。また、緩さの象徴でもあるハンモックがリビングダイニングの中心にあるのを見ると、これが全体的にのんびりした雰囲気を醸し出しているように感じられて、これはうれしい発見でした。

 

撮影のほうもご協力いただきながら無事に終了。

帰りにお土産にもたせてもらった手作りのりんごジャム、とても美味しかったです。

いつもありがとうございます。

f:id:Keiichiohno:20190616081301j:plain

 

 

新学期

 4月に入って2週間が過ぎ、新しい生活にも徐々に慣れてきたかなというところ。

小学校に入学した息子も楽しく通学しているようで、とりあえずはひと安心。

夫婦共働きの我が家は、朝の支度と見送りは僕の担当。お迎えも特に外出の

予定が無ければ僕が行くという流れ。

 

保育園の時から朝は僕が担当しているので、丸5年息子と朝を過ごしてきましたが、

思い返してみると、息子が幼稚園に行きたがらない時期があったり、僕の仕事が忙しくて徹夜明けで幼稚園に送ったり、1日だけ2人でそろって大寝坊して遅刻したり。。

色々ありましたが、ここまでなんとか無事にやってこれてよかったなと思います。

 

これからもしばらく朝担当は続きます。出かける間際にばたばたするのはいまだに変わらず、父子ともに成長がみられませんが、朝を息子と共に過ごせる幸せを今一度かみしめながら日々過ごしていこうと思います。

 

4月に向けて

3月もまもなく終わり。

息子も先日、無事に卒園式を終えて4月からはいよいよ小学生。

新しい環境に本人はもちろん、我々親のほうもうまく順応できるのか、

楽しみな反面、不安もあり。

 

また仕事のほうでも4月から新しいことが始まります。

大学の短期大学部にて、今年の前期のみですが、CAD演習と

建築法規についての授業を受け持つことになりました。

 

これまで実務の経験は積んできたものの、人に教える立場に立つのは

学生時代のアルバイトでの家庭教師やテニスのインストラクターぐらいのもの。

 

将来に向けて実践的な経験を積んでいく学生たちの大切な時間を預かることに

大きな責任を感じるとともに、自分にとっても成長できるチャンスと考えていて

こちらも期待と不安が渦巻いております。

 

ただ、授業では教科書通りにスキルを教えるだけではなく、自分自身のこれまでの経験などを伝えることで、僕にしか伝えられない何かを、学生の皆さんに感じ取ってもらえるような時間を作れればなと思っています(理想)。